チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

植田圭輔 新宿バルト9 チケット売買一覧 02/16(SAT)

植田圭輔は、大阪府出身の俳優である。2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとなる。同じくファイナリストとなった木ノ本嶺浩・木戸邑弥とともに「トリプルK」というグループを組んでいた。主に舞台で活躍し、『弱虫ペダル』、『PERSONA3 -ペルソナ3- the Weird Masquerade』、『ヘタリア』など、アニメやゲームを原作とした2.5次元の舞台作品への出演も多数である。2018年5月にはメジャーデビューCDをリリースしている。声優としての活躍も目覚ましく、『王室教師ハイネ』で主人公のハイネ・ヴィトゲンシュタインを演じるほか、同作内でのキャラクターソングの歌唱にも参加している。今後のマルチな活躍が期待される。

開催地域

開催地域

開催日時

このイベントのチケットを出品、リクエストする方はこちらから

現在 6 人がチケットの出品を待っています!
ランキング

Popular ticket ranking

関連アーティスト

その他のイベントのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right

植田圭輔は、大阪府出身の俳優である。2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとなる。同じくファイナリストとなった木ノ本嶺浩・木戸邑弥とともに「トリプルK」というグループを組んでいた。主に舞台で活躍し、『弱虫ペダル』、『PERSONA3 -ペルソナ3- the Weird Masquerade』、『ヘタリア』など、アニメやゲームを原作とした2.5次元の舞台作品への出演も多数である。2018年5月にはメジャーデビューCDをリリースしている。声優としての活躍も目覚ましく、『王室教師ハイネ』で主人公のハイネ・ヴィトゲンシュタインを演じるほか、同作内でのキャラクターソングの歌唱にも参加している。今後のマルチな活躍が期待される。

植田圭輔について

植田圭輔は、大阪府出身の俳優である。2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとなったことをきっかけに俳優活動をスタートさせる。同じくファイナリストとなった木ノ本嶺浩・木戸邑弥とともに「トリプルK」というグループを組んでいたこともある。主に舞台で活躍し、2007年に『少年陰陽師<歌絵巻> -この少年、晴明の後継につき-』で安部昌浩役として初主演を務めた。このほか、『弱虫ペダル』、『PERSONA3 -ペルソナ3- the Weird Masquerade』、『ヘタリア』など、アニメやゲームを原作とした2.5次元の舞台作品への出演も多数である。音楽活動も展開し、2018年5月3日にメジャーデビューシングル『START LINE ~時の轍~』をリリースしている。声優としての活躍も目覚ましく、『王室教師ハイネ』で主人公のハイネ・ヴィトゲンシュタインを演じている。同作品は2019年2月16日に劇場版が公開予定となるほどの大ヒットとなっている。同作品内において、ハイネと彼が帝王学を教えるグランツライヒ王国の四人の王子によるユニット「P4 with T」としてのキャラクターソングの歌唱も務めている。今後のマルチな活躍が期待される。